井上望美 Nozomi Inoue

大阪生まれ。

3歳からリトミックとソルフェージュをはじめる。
4歳の誕生日に、ヴァイオリンを親からプレゼントされ、父に付き添われ、ヴァイオリンスクールに通い始める。

大阪教育大学教育学部教養学科音楽コース(ヴァイオリン専攻)を卒業後、同大学大学院を修了。

ヴァイオリンを、横山莞五、清水玲子、稲垣琢磨、稲垣美奈子、
大阪市交響楽団元コンサートマスター ナンドール・セデルケニ各氏に師事。

大学時代にヴィオラのあたたかな響きに惹かれ、本格的にヴィオラをはじめる。
ヴィオラを、今井信子、パリ管弦楽団元首席ヴィオラ奏者ミラン・ラディッチ各氏に師事。

全国各地にて、ソロ演奏、アンサンブル演奏、レコーディングを通して、ヴァイオリン、ヴィオラ共に研鑽を積む。

NHKのレコーディングや、豪華客船ぱしふぃっくびーなすのエンターテイナーなど、様々な分野で活躍中。
老若男女問わず、ヴァイオリン、ヴィオラの個人指導、また、弦楽アンサンブルや室内楽指導を行う。

ヴァイオリン歴35年。
ヴィオラ歴11年。
ヴァイオリンヴィオラ指導歴15年以上。
延べ25,000人以上の指導実績あり。
ライフステージメンタル®︎カウンセラー資格あり。